読書

タイトルで救われる…だから手元に置いておきたい1冊の本【心配事の9割は起こらない】

タイトルだけで購入を決めた本はありますか?

今回は

  • いつも何かに不安を感じている
  • 常に心が休まらない

そんな方に、タイトルだけで救われる、そんな奇跡の本をご紹介します。

心配性の心を軽くするタイトル

本のタイトルでどんな本なのか興味を持つことはよくありますが、

タイトルだけで気持ちが軽くなるのって珍しいですよね。

私の気持ちが軽くなったその本とはこちら…

多くは語りたくないほどです。

その通りなんですよね。

心配事の9割は起こらない

心配を自ら作り出してしまうほど心配性の私にとって

衝撃的かつ優しいタイトルでした。

今回は本の内容の一部をご紹介しつつ、「いま」を「シンプルに生きる」ということを綴っていきます。

「禅語」で教えてくれるシンプルな思考

『心配事の9割は起こらない』の著者は住職です。

そのためこの本では、禅語を用いて、不安の取り除き方を教えてくれています。

禅語とは禅の教えを短くした語句です。

「日々是好日」(にちにちこれこうじつ)

などは、ご存じの方もいるかもしれません。

と書いている私ですが、禅自体まだよくわからないのが正直なところ。

この本は禅の理解が難しくても、禅語からシンプルな生き方(今~終わりを迎えるまで)を優しく説いてくれるので安心してください。

では早速、いくつか本の中の禅語を私の考えを織り交ぜてご紹介します。

「喜捨」

喜捨…きしゃ

その字の通りで「喜んで捨てる」という意味の禅語です。

最初は禅と聞くと、何やら物を大事にするイメージがあったので、

喜んで捨てると言われると少し違和感がありました。

でもこれは、物をやたらに捨てるという話ではなく

「捨てる=執着から離れる」

という考え方です。

執着は苦しいですからね…不安も増幅しがちです。

その執着を手放すことを禅語の「喜捨」を用いて説いてくれています。

そしてこの本では、残しておくべきものもあると教えてくれます。

捨てれば楽になりそうだけど、本当に捨てていいのかわからない…そんな迷いがある方は一度読んでみてはいかがでしょうか?

きっとヒントになると思います。

ちなみに別のページには「放下着」(ほうげじゃく)という禅語にも触れています。

なにもかも捨ててしまえ、捨てて、捨てて、捨てきってしまえ

という教えです。

「喜捨」が物を捨てることで執着を手放す教えだとしたら、「放下着」は執着・価値観・思い込みそのものを捨ててしまえという教えだと解釈できます。

「大地黄金」

大地黄金…だいちおうごん

この本のテーマである「いま」を大事にすることを教えてくれる禅語が「大地黄金」です。

いつか不安に思っていることが実際に起こるかもしれない…

逆にいつかいいことがあるかもしれない…

そのどちらでもなく、

いまの生活・仕事・遊び・人生に本気で取り組み、楽しむということが大切。

何か集中することあるとき、さっきまでの些細な不安が消えた経験ありませんか?

まさに「大地黄金」です。

起こっていないこと、見えないものに不安を感じているよりも、その瞬間瞬間を生きることを説いてくれる禅語と言えます。

更に私はこの禅語から、与えられた役割を一生懸命にすることが、私の人生を充実させることの一番の近道であると学びました。

例えば仕事です。

つまらない仕事でも、与えられた役割を一生懸命こなしていくことで得意になっていく…そうすると別のことをやる余裕も出る。

結果的に人生を充実させることができます。

おわりに…

本の最後には、誰にでも訪れる人生最期について、素晴らしく心が穏やかになる内容を綴ってくださっています。

その中の1行だけ…

生きているあいだは、生きることだけに専念する

このことを「前後際断」という禅語で説いてくれます。

禅というアプローチですが、難しく考える必要はない本です。

暖かくなりはじめ、重いコートを脱げそうな今の時期にぴったりかもしれませんね。