おすすめ記事

【どこよりも詳しいキャットワレの解説】1年以上使ったからわかるメリット・デメリットと使い方

12月4日20時~楽天スーパーセール♪キャットワレも今がチャンス!

楽天スーパーセールで「キャットワレ」

猫を飼い始めて悩むことのひとつ…猫のトイレ。

我が家では1年以上おまる型トイレ「キャットワレ」を使用しています。

もんぴ
もんぴ
これからも使っていきたい良品です♡

今回はキャットワレを1年以上使って感じたメリット・デメリットを詳しくまとめます。

楽天市場でキャットワレをみてみる>>

猫と暮らして受けた衝撃と悩んだ結果たどり着いたトイレ

猫との暮らしで最初に驚いたと言えば……

「足にうん〇、ついちゃうんだね。泣」

思った以上につきました(笑)

世間的には

「猫ってグルーミングするし、清潔な生き物だよ♡」

みたいな感じですよね?

一緒に暮らしてみると、

うん〇つけた足のまま床を歩いちゃってますww

もんぴ
もんぴ
本当に悩んだな~

お迎えしてすぐにメールで専門家に質問してみました。

その時の回答メールを要約すると

「本来猫ちゃんはキレイ好きなのでうん〇をふむことはありません。あと1、2か月経てば(生後4~5か月の頃)何もしなくてもうん〇を踏まなくなることがほとんどなので心配いりませんよ」

とのこと。

ねこ
ねこ
そーだそーだ!踏まないぞっ!

「きっと踏まなくなる」と信じて様子を見ることにしました。

で、結果どうだったかというと、

もんぴ
もんぴ
やっぱり踏んじゃうときあるじゃんー!泣

って感じでしたwww

この問題に完璧な解決策ってないですね。

ねこ
ねこ
あはっ…踏む時は踏むよね♡

それでもできるだけ清潔に過ごすために色々と試しました。

普通のシステムトイレ、ドーム型のシステムトイレ‥‥‥

で、最終的に使い続けているのがおまる型のトイレ「キャットワレ」なんです。

なぜキャットワレを使い続けているのか…理由は「清潔」&「コンパクト」

ねこ
ねこ
ウチのトイレはなんでキャットワレなんだ?
もんぴ
もんぴ
一番の理由は「清潔」だからだね!

肉球が清潔

キャットワレにした最初の目的は肉球をできるだけ「清潔にしておきたい」からでした。

実際に使ってどうかというと、

他のトイレより肉球で猫砂を踏まない(踏む確率が低い)ので清潔

だと言えます。

これ、「うん〇の成分が付いてそうな猫砂踏んでるー」って感じてしまう人(←私のこと)にとって朗報です。

実際こんな口コミもあります!

足でうん〇を踏む確率が減るのは大きいです。

本当に。

猫砂飛び散らないから清潔

先ほどの口コミにもありましたが、猫砂が飛び散らない点もおまる型ゆえのメリットです。

猫のタイプにもよりますが、我が家の場合はめちゃ猫砂かけます。

特にトイレの後にうん〇のニオイを消したくて猫砂かけるんですね。

キャットワレの前に使っていたシステムトイレは猫砂の飛び散りが気になりました。

もんぴ
もんぴ
猫砂ってたまにうん〇ついている場合あるのでできれば散らかさんで~

そんな悩みもキャットワレにはほとんどありません。

ねこ
ねこ
ドーム型とか縦型のシステムトイレでも猫砂飛び散らないよね♡

うん、確かに!!

ただ大型のトイレだと掃除が本当に大変なんですよね。

丸洗いしやすくて清潔

猫トイレの臭い対策において必須なのは「丸洗い」です。

システムトイレはシートを1週間おきに交換すればOKってイメージありますが、丸洗いも同時にでたら最高ですよね?

シートや猫砂が優秀だからって丸洗いは月1でOKとか、言い聞かせてません?…

もんぴ
もんぴ
本当のところ丸洗いしたいですよね♡

キャットワレは掃除が簡単なんです。

全5種類のパーツを取り外してそれぞれザーと丸洗い

元々コンパクトな上にパーツごとに洗えるので洗う場所も選びません。

ねこ
ねこ
洗面所、お風呂、外…どこでも洗えるよ♪

口コミでもメンテナンスのしやすさをあげる人は多いです。

優秀なトイレでも手入れしなければ臭いはこもります

だから丸洗いのしやすさは絶対大事。

ゲージに入れても使えるコンパクトさ

コンパクトかつ猫砂が本体の凹んだ部分に入っているので丸見えではないんです。

だからと言って「インテリアになじむー♡」とは言いませんけど(笑)

ねこ
ねこ
トイレはトイレだからね♪
もんぴ
もんぴ
まーそうだよね

ただ形状のおかげで最小限のトイレ感であることは間違いありません。

特に大きな特徴が、

ケージに入ります!!

我が家のように人間不在時はケージで過ごす場合にキャットワレはベストです。

もんぴ
もんぴ
我が家のキャットワレはこんな感じでケージの中です

キャットワレのデメリット

もちろんキャットワレの使用には向かないお家や猫ちゃんもいます。

そのことをお伝えしていきます。

うん〇は1回分の容量しかない

コンパクトゆえ、基本的にうん〇は1回分です。

実は我も、1回目のうん〇から2回目のうん〇までの間隔が短い時期に粗相しちゃいました。

トイレの前にうん〇しちゃって…

多分入ろうとしたけどうん〇があって入れなかったんでしょうね。

もんぴ
もんぴ
心なしかシュンってなってました

ある程度経つと1日1回に落ち着くのですが、小さいうちはうん〇の頻度多いので注意が必要です。

もんぴ
もんぴ
日中家にいない程度だったら問題ありません。「24時間家にいない」ってことが多いと不向きかも。

他のトイレに比べると高い

他のトイレは安いもので1,000円未満、ちょっといいものでも3,000円~4,000円くらいあれば購入できます。

キャットワレは他の一般的なトイレと比べると少々高いです。

楽天市場でキャットワレをみてみる>>

だいたい6,200円前後です。

ねこ
ねこ
トイレ本体以外にもお金かかるの?
もんぴ
もんぴ
あとはシートと猫砂だから他のシステムトイレと一緒だよ!

基本的に店舗で売られていない

店舗では見かけない商品なので、ネット注文します。

現物を見たい人にとっては悩ましいところです。

ネットではパーツだけ売っているので壊れたパーツを買い換えることも可能なのはよいですが、個人的には生産中止はしないで~と心の中で祈っています。

使えない、使ってくれない猫もいる

我が家の猫はまだ1才。

なので実際のところわかりませんが、コンパクトなので足が弱っている老猫には向かない可能性があります。

老猫じゃなくても、どうしても合わずに使ってくれない猫もいるようです。

もんぴ
もんぴ
幸い我が家は初日から相性バッチリでした

こればっかりは試してみないとわからないですね。

キャットワレの構造や使い方を(写真付き)

では実際の写真をもとに、キャットワレのつくりと、どのように使っているのかご紹介します。

キャットワレの構造と組み立て方

まずはキャットワレの全パーツがこちらです。

※丸洗い後です。

キレイに洗って拭き上げたら、次のように組み立てていきます。

①土台に吸水シートを敷く

シートは市販の吸水シートならどこのメーカーでもOKです。

②水分を通すためのパーツを取り付ける

最初のパーツの上にすぽっとのせるだけです。

キャットワレはシステムトイレなので、このパーツに猫砂を入れて、おしっこは下に落とす仕様。

下痢をしているとこの隙間に挟まってしまうことがあります(泣)

なので猫砂は多めに入れておきましょう。

ねこ
ねこ
よろしくっ!

③おまる型のパーツを取り付ける

猫砂を入れてから取り付けてもOKですが、今回は猫砂は最後にしました。

2番目のパーツにある4か所の突起に3番目のパーツをはめます。

突起にはめるのが最初「めんどくさっ」って感じですが、慣れれば大丈夫ですww

④網を置く

この網を本能でカキカキします。

なので砂はカキカキせずに清潔ってことらしいですが、うちは砂もしっかり書いちゃってますね‥‥‥。

⑤最後のパーツを取り付けて猫砂を入れる

最後のパーツを取り付けたら猫砂入れて完成です。

猫砂は木質ペレットを使っています。

コスパが良い上にヒノキの消臭効果が気に入りました♡

キャットワレを使っている様子

① 網の上に乗り、前足で中の猫砂をカキカキして穴をほじる

猫の本能でカキカキしちゃいます(笑)

これはやめられないみたいですね。

②網の上で上手に回転してほじった穴めがけてうん〇をする

③ 汚物に猫砂をかける※猫の性格にもよる

猫砂をかけるのは猫の性格によって違います。

我が家ではポジションを変えて匂いが消えるまで上手に猫砂をかけています。

猫によっては本能で網目をカキカキするだけで実際には猫砂に触れずに終了する場合もあるようです。

ねこ
ねこ
わたしは匂いを消したいから最初にほじっておいた砂をうんぴにかけるよ♪

ちなみに最近おしっ〇の時は猫砂カキカキせずw

④ キャットワレから降りる

降りる時はもちろん猫砂を踏んだりせず、網目の上を1~2歩上手に歩いております。

楽天市場でキャットワレをみてみる>>

まとめ

猫をはじめてお迎えする場合、トイレは最初の数か月、大きな悩み・ストレスになる可能性があります。

そんな方に少しでもお役にたてるよう、我が家のお気に入りキャットワレについてお伝えしました。

もんぴ
もんぴ
私の場合キャットワレは必需品。本当に悩みが減りました!

製造中止にならないことを願ってやみません!!!

猫ちゃんをお迎えして我が家のような悩みを抱えている方は、キャットワレ非常におすすめです。

ただし今回はデメリットもまとめていますので、ご自身のライフスタイル、猫ちゃんの性格を考慮して検討してみてくださいね。

ねこ
ねこ
猫と楽しい毎日を♡

「キャットワレ」をRakutenで探す>>