日常

流行りの「社畜」に物申してみる【会社も善良な人で成り立ってるよ?】

なれるものならフリーランスになりたい!!

もんぴ
もんぴ
こんにちは。弱小自営業の妻で会社員のもんぴです!

あっ、でも会社員は悪くないです。

だって有給休暇もある、決まった時間に行って帰るだけ、帰宅したら自由ですから!笑

もんぴ
もんぴ
ホワイト企業です

ところで…

「社畜」

この言葉

会社に家畜のように雇われてる被害者っぽい感じがにじみ出てませんか?

実際私も疲れちゃうとホワイト企業勤務のくせに、「社畜もうやだー」とか脳内で叫んでます。笑

いわゆるブラック企業で働いている方が「社畜」を脱したいと思う気持ちはごもっとも。

ただ‥‥

ツイート
ツイート
来月からお勤め先決まっていたんですが、自分を取り戻しました!お勤めはやめてフリーランスになります。あやうく社畜になるとことでした(笑)

みたいなツイート、見かけるんですね。

ん!?

なんかおかしい。

まだその会社で働いていないのに社畜って。

というわけで、自営業の父も夫もいるもんぴが、社畜について綴ります。

社畜の意味と使い方

「社畜」という言葉の意味は

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し、サービス残業や転勤もいとわない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄、あるいは自嘲する言葉である。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

Wikipediaより引用

とのことです。

なるほど、揶揄(やゆ)または自嘲しているんですね。

人を家畜にみなすところも凄い…ある時期が来たらタブーになりそうな言葉な気すらします。

どんな使い方をするのかというと…

私の勤務先ブラックすぎます…なので、社畜を卒業して自分の目指す会社を作ために起業することにしました!

みたいな感じですね。

自分を会社の家畜に例えているので、「自嘲」として使っています。

次!

お前の会社ブラックすぎる…お前、一生社畜として生きていくのかよ!?

これは「揶揄」する方の使い方ですね。

もんぴ
もんぴ
一言で気持ちが伝わる言葉だ…

実は社畜という言葉、平成初期頃の流行語なんです。

今はSNSでバリバリ多用されてますね。

なんか違うなと思った社畜の使い方ー勤務前から社畜ってー

それでは、今回の記事の本題です。

ツイート
ツイート
来月から勤め先決まっていたんですが、自分を取り戻しました!会社勤務はせずフリーランスになります。あやうく社畜になるとことでした(笑)

本来、その会社で働いてこそ、自分や誰かが社畜であることがわかるはず。

でもこれだと、まるで「会社員=社畜」と言わんばかりのツイート

ぶっちゃげツイートですからこの程度何をつぶやいても自由…何も問題もありません。

ただ私が感じちゃったのは…

会社勤務=社畜なのかい!?

というより、人を採用するのにもお金がかかるし、そこには真剣に採用担当として働く人たちや、研修準備をしている人達がいる…事情があってやむを得ず辞退するケースは仕方ないにしても、この手のツイート(働く前から会社で働くことを社畜と言っている内容)は、なんだか違うよなって思ってしまったわけです。

【まとめ】「会社員=社畜」ではない

私だって会社はつまんないです。

ただ、会社とは言ってもそこは人で成り立っているところですから…社畜という言葉は実態に見合った使い方をしたいところ。

それに…自営業は大変です!笑 特に奥さんがね。

そんなお話でした。

もんぴ
もんぴ
ブログ村のランキング参加中です。よろしければクリックで投票をお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ