業務スーパー

業務スーパーの焼き鳥「ジャンボ鶏もも串」はレンジとグリルどっちがいい?

週1業務スーパーの主婦です。

人気の業務スーパーですが、中には残念な商品もあったりしますよね…

当ブログでは私もんぴ基準でリピート決定商品を紹介していきます!

今回は焼き鳥!

とは言っても、冷凍焼き鳥ってショボいよね…?

というあなたには

『ジャンボ鶏もも串』

がおすすめですよ!

美味しい食べ方もご紹介します。

業スー『ジャンボ鶏もも串』の詳細

今回ご紹介する『ジャンボ鶏もも串』の詳細はこちら↓です。

名称冷凍 焼き鳥もも串
内容量1㎏(1本50g×20本入り)
原材料鶏もも肉、タピオカでん粉、しょうゆ、砂糖、みりん、醸造酢、しょうが汁、酵母エキス、食塩/ポリリン酸Na、増粘剤、酒精、調味料(アミノ酸)、着色料etc
※詳細はパッケージ裏をご覧ください。
原産国中国
エネルギー60kcal(1本あたり)

下味を薄いので、自分好みの味にアレンジしやすい商品です。

小粒な冷凍焼き鳥が多い中で「ジャンボ」とうたっているだけあってお肉大きめ。

20本入りの焼き鳥、値段は…

995円(税抜)!!

ジャンボな焼き鳥が1本約50円です。

これは激安ですよ…

さすが業務スーパー。

中身はどんな感じ?

では箱をあけましょう。

パカっ。

透明な袋に包まれています。

業務用って感じがしますよね…あと地域のお祭り用とか。

袋をあけるとこんな感じ。

隣とくっついてる焼き鳥も…調理すれば問題ありません。

パッと見ても冷凍焼き鳥にしてはなかなかジャンボですよね~!

実はパッケージの横に原寸大の写真が掲載されているんです。

こちら↓↓

これならお店で大きさもわかりますね!

ベストな調理方法は…焼き?レンジ?

さっそく調理していきましょう。

ところでこちらの焼き鳥、パッケージの後ろにはレンジでの調理方法しか載っていません。

焼き鳥なのにレンジだけ?

もんぴ
もんぴ
焼きたい…。焼き鳥だから。

というわけでグリルで焼きました。

アルミホイルで串を隠して焼いてくださいね~じゃないと串かなり焦げます。

こちらの焼き鳥、加熱してから冷凍している商品です。

そのためなので「中まで焼けるようにしっかり~」と思って焼きすぎると固くなるので要注意!

もともと焦げ目はついていますし、冷凍品をチンして温めるときのように、中が温まる程度にジューシーに焼くのがポイントです。

グリルで焼いた焼き鳥がこちら↓↓

※ちょっと焼きすぎちゃいまして…すみません(笑)

グリルで焼くと少し脂が落ちます。

その結果表面がパリパリして、中はジューシー!

触感が最高です。

で、レンジでもやってみました。

チンだと焼き色が付かないので白っぽい仕上がり。

水分はこちらの方が残ります。

結局どちらが美味しいかと言うと…

「グリルで焼き」

私も夫も、断然レンジよりグリル派

当たり前ですが、グリルの方が「焼いた鶏肉」を感じるからです。

簡単に言うと…

  • お祭りの炭火焼き焼き鳥や居酒屋の焼き鳥が好きな人⇒グリルで
  • コンビニのレジコーナーで売られている焼き鳥が好きな人⇒レンジで

こんな感じです。お好みで作ってみてください!

おすすめの食べ方

塩で?タレで?

もちろんどちらでも美味しいです。

私のおすすめはやっぱり故郷、上田市の味

”おいだれ焼き鳥”

白い皿がおいだれ焼き鳥です。

もんぴ
もんぴ
絶対これ、これ最高!笑

余ったタレは白飯にかけて食べましょ~!

我が家の”おいだれ”はたった4つの材料で10分で作れる簡単だけど本格的なタレなので、是非お試しください↓↓

まとめ

『ジャンボ鶏もも串』をご紹介しました。

業務スーパーの冷凍焼き鳥はちょっとショボい商品もある中で、ジャンボ鶏もも串は

  • 夕飯
  • 晩酌
  • 地域の行事
  • キャンプ

など、いろんな場面で使えるおすすめ冷凍焼き鳥です。

一度ご賞味あれ。

今回は以上です!